top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

<< 素焼きブタ | main | 焼きブタできました >>
UZUさん閉店
JUGEMテーマ:アート・デザイン

地元小岩の自宅の本当にすぐ近くにオープンし、オープン半年後ほどからnicoricoの器をお取り扱いいただいていたてづくり雑貨のお店UZUさんが1/19を持って閉店してしまいました(泣)

先ほど、UZUさんにお預けしていた作品を引き取りに行って来ました。

器たち

150点ほどをお預けしていましたが、手元に帰ってきた作品は50点ほど。
本当に沢山の器たちが、地元小岩のみなさまの食卓に並んでいるんだと思うと、感慨深くなります。

もしかしたら、道ですれ違っている方のお宅に、器があるなんて事もありえますからね!
想像しただけでニヤニヤしちゃいます。


さて、UZUさんとのご縁は私にとって少し不思議な出会いでした。

以前お世話になっていたアートショップさんで偶然見かけた、まるで宮崎駿監督の映画の世界に出てきそうなオヴジェ。
その作家さんである植木ヒトミさんの作品が、開店準備中のUZUさんのウィンドウに飾られていたのです。

見た瞬間に
「あぁぁぁ〜〜〜!!アレ、植木さんのだ!!なんで小岩に??オープンしたらすぐに観に行こう♪」

何よりも、こんな東京のはずれの下町に植木さんの作品が飾られるようなお店ができることがとっても嬉しかったのです。

ドキドキしながらUZUさんにお客さんとして行き、植木さんの作品を拝見させていただき、オーナーさんとお話した時に私が何者かをお話しし、名刺をお渡しした事を今でもハッキリと覚えています。
それから程なく、オーナーさんよりご連絡をいただき、商品のお取り扱いをしていただく事になったのです。

それが一昨年の春。
まだ建築の仕事を辞めた直後で、今のような人のつながりが殆ど無かった私。
陶芸一本に絞って見たものの、先の見通しも立たず、手当たり次第のイベントや展示に参加させていただき、1人でも多くの方にnicoricoの名前を知ってもらうことに精一杯の時期でした。

そんな時に、たまたま地元小岩で再会した植木さんの作品に、
何か特別なご縁みたいなものがあるのでは??と勝手に思い込み、植木さんともお会いしたいとオーナーさんにお話したことも覚えています。
今では、お店番をしている植木さんとも気軽にお話できるようになりましたが、やはり第一線で活躍されている大先輩の作家さん。
私もいつか植木さんのようになりたいな〜、と憧れの存在です。


UZUさんは、オーナーさんの事情により閉店してしまいましたが、きっとこれからもオーナーさんと植木さんには、ご縁があるのでは無いかと勝手に思っています。

またどこかでご一緒できる日を楽しみに、それまでにもっともっと腕と人となりを磨いていたいと思っています。

オーナーの谷さん、そして植木さん、短い期間でしたが本当にお世話になりました!!
今後ともよろしくお願いします。



ではでは、みなさん今日も、クリック・クリック・クリックで更なるランクアップへ応援お願いします!!
あ、三回も連呼しましたが、1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| お取り扱いSHOP | 14:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
日常で使うものって、そういう歓びに満ちてるよね。
誰かの食卓に作品があるなんて、本当に素敵な話。
| まるこ | 2010/01/23 11:00 AM |
■まるちゃん
誰かの食卓で使ってもらうことを夢見て作ってるから、本当にうれしいよね。
これだから作り手を辞められないのよね〜。

| nicorico | 2010/01/25 1:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nicorico.com/trackback/1396938
トラックバック
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS