top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

<< 東京スコーン プレオープン! | main | 夏に向けての新作&今日のおやつ >>
鹿児島に行ってきた
JUGEMテーマ:アート・デザイン

6/11(土)〜13(月)の2泊3日で、学生時代からの友人の結婚式・披露宴に出席するため
鹿児島にい行ってきました!!

九州ではかなりの大荒れの天気だったので、着陸せずに羽田へ引き返す可能性もあったのですが、2回目の着陸態勢でどうにか無事鹿児島空港にたどり着くことができました。

いや〜〜、飛行機怖かったよ。とっても。

鹿児島についた直後は、あり得ない位に降っていたバケツをひっくり返したような大雨も夜には小振りになったので、別手配で東京から鹿児島入りした友人と合流し、久々にあう鹿児島の友達と一緒に夕飯を食べてワイワイ楽しい時間を過ごしてきましたよ。


今回の旅のメイン。

3つ年上のお姉ちゃん的存在でもあり、時には妹のようでもあり、かけがえのない親友の結婚式。

会場へ向かうタクシー車内で、運転手さんに軽く観光案内してもらいました。
市内を走る路面電車が、主要交通網となっている鹿児島。
その架線には、芝生が敷かれていました。運転手さん曰く、線路面に緑化されているのは鹿児島とヨーロッパだけだ!と言ってましたが、本当なのかしら?

鹿児島1

街路樹は、すっかり南国です。
車窓から見る錦江湾沿いのこの道は、ハワイのアラワイ運河沿いの道やホノルル動物園付近に似ている気がする・・・のは私だけ?


鹿児島2

錦江湾にたたずむ桜島を望む立地にある結婚式場でしたが、あいにくのお天気で桜島は見えなかった。残念。
そして、ここから見える街路樹もやっぱりヤシの木。南国です。

鹿児島4

ず〜〜〜〜〜〜んっと天井が高く吹き抜けたチャペルで新郎新婦の登場を待ってます。

悪友揃いの鹿児島&東京メンバー。
式の始まる直前は
「めぐ、どんな顔して入ってくるかね〜〜」
「神妙な顔して入ってきた姿みたら笑っちゃうかも〜〜」
なんて冗談めかして悪態ついていたのに・・・

新婦の姿を観た私たちは、一瞬にして大号泣でした。
鼻水ズルズル、化粧もどろどろ・・・。

鹿児島3

結婚式→披露宴(大人力の魔法が掛かっている間)は、泣いたり笑ったりとってもほのぼのした雰囲気の中、たくさんの友達に愛されているめぐちゃんらしい時間でした。

が、
二次会→三次会 と進むにつれ。

大人力の魔法も解けていく頃には・・・悪友たちの、毒舌トークが始まり、新郎はちょいと引き気味でした。

とにもかくにも、良い式でした。
夜な夜な雨の鹿児島の町を徘徊して、魔法の掛かった一日は無事終了。

------------------------------------------------------------------------------------------


そして、鹿児島滞在最終日。

仕事の関係で朝一の便で東京・大分・福岡に帰っていた友人とは別に、一人残った私。

前日に挙式披露宴を終えたばかりの新婚夫婦に、薩摩焼窯元の町・美山地区→大河ドラマ篤姫の舞台となった霧島の仙厳園などの鹿児島観光に連れていてもらいました!

美山では、かの有名な沈壽官窯に連れて行ってもらいました!

そして、まさかの第十四代 沈壽官さんとお会いすることができ、ゆっくりソファーでお話させていただくという貴重な体験までさせていただきました。

そのお話はまた今度。
鹿児島5
---------------------------------------------------------------------------------------------

ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー 
| 旅の記録 | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nicorico.com/trackback/1397211
トラックバック
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS