top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

<< 2013秋 大人の修学旅行 その2(金谷ホテル) | main | 本日12/22(日)〜30(月) 「一年ありがとう!!感謝week 〜20%OFFにしちゃいます〜」 >>
2013秋 大人の修学旅行 その2(日光田母沢御用邸)
日光の旅、2日目。

ホテルの11時チェックアウトまで、午前中はホテル内を散策したり、金谷ベーカリーでパンを購入したり、ホテルの敷地内の散策路をお散歩したり。

普段のたびではなかなか味わうことのない、有意義なホテルライフを満喫してから、バスに乗り込み華厳の滝へ。
小学生の頃に来た時には、不吉な怖いことばかり考えて滝を直視することが出来ないほどビビッていたけれど、大人になってきてみると、雄大な滝の荘厳さに圧倒されまくり。

写真は割愛。

次の目的は、田母沢御用邸!!

昼過ぎから雨というあいにくのお天気でしたが、幸運にも雨に降られることも無く無事御用邸に到着。



広大な敷地に静かに佇む御用邸は、現在は栃木県に移管され、一般ん公開されています。
建物内のほとんどの部屋を見学することが出来るようになっており、御用邸の歴史や修復時の資料なども展示されています

江戸城から移築された広い建物の、複雑に折り重なった屋根に葺かれた銅版屋根。
連なる屋根の複雑な構造や勾配に絶妙な曲線で継ぎ目無く覆われた屋根は、二階から見下ろすととっても美しかった。



要所要所には、庭を美しく見せるための工夫が施されていました。



庭を取り囲み、回廊式になっている建物は、部屋から廊下、縁側と外に向かうに連れて勾配が付いていて、部屋に座り外を眺めた時に床のラインが視界の邪魔をしないように設計されているそう。
あ、廊下の写真が無い・・・。

和洋折衷の設えが、あまりにも非日常すぎてなんとも不思議な景色ではあるけれど、使用されている材料や、配慮された工夫、そのひとつひとつの細部に施された職人の技に圧巻でした。




ふすまの引き手や、釘隠しは部屋ごとにデザインが異なっていたり





時代を感じる、電気のスイッチやブレーカーがあったり。



洋間と和間が混在しているのですが、畳の縁のデザインも部屋の用途によって異なっていたり、洋間に敷かれた絨毯がこれまた素敵!

何十畳もある広い間に、継ぎ目がわからないように敷きこまれている、修復の資料によると一枚ものでおられた絨毯を一旦全面に仮敷きしてから、均等な幅に裁断し、接着して敷き込んだそうです。

文章にするとなんとも簡単そうに聞こえますが、実際に施工したらどれだけ大変な作業か・・・←ワタクシ、前職が建築だったので、施工とか材料とかがやたら気になってしまうのです。







こちらも日光観光にお勧めです。
季節はずれだったので見ることはできませんでしたが、お庭の一角には樹齢400年のしだれ桜があり、お花見の季節に訪れたら最高!!でしょう。

落葉し始めた紅葉をちょっとだけ見ることが出来た今夏の1泊2日の日光のたびでしたが、旅の締めくくりはやっぱり湯葉料理!




日光唯一の困ったことは、お店の閉店時間が早いということ。
17時を過ぎたらたいていのお店は終わっています・・・。

お目当てにしてた湯葉懐石のお店例の如く16時閉店で、御用邸に思いのほか長く滞在しすぎてしまった私たちは、昼食難民になっていました。

あきらめて「東京着いてから何か食べようか・・・」なんて思い始めた矢先、駅までの道すがらたまたま通り掛かり目に入った地元の方が行きそうなお店。
これでもか!!!と言うくらいにどのお料理にもたっぷりの湯葉が使われていて、お値段もリーズナブル、そして美味しい。

最後の最後まで、日光を満喫して大満足の旅でした。

のんびり旅行に行きたいけど、そんな時間ないし近場で1泊くらいなら・・・と思っている方にはコンパクトだけど見所満載の日光、かなりお勧めです。



--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 旅の記録 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nicorico.com/trackback/1397548
トラックバック
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS