top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

<< TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました! | main | 3月のnicorico陶芸教室スケジュールについて >>
「甲和焼きとおひなさま展」がはじまりました! @江戸川区北小岩の甲和亭(茶室)
JUGEMテーマ:アート・デザイン

区内各所に文化施設を持つ江戸川区
その1つ、江戸川区の北端に位置する北小岩の小岩公園内にある甲和亭の茶室にて
「甲和焼作品展・おひなさま展」を開催しています。



2/14からは、段飾りの立派なお雛様と吊るし雛が甲和亭内の茶室に飾られ
昨日2/17からは、甲和焼の作品展を同時開催しています。



甲和亭??甲和焼き??
と、なんだ??と思われる方も多くいらっしゃると思いますので、簡単にご説明しますね。

まず、双方につけられている甲和(こうわ)とは、古い文献によると、現在の「小岩(こいわ)」は古来「甲和(こうわ)」の地とされていたそうです。
甲和亭とは江戸川区の公共施設なのですが、古い地名にちなんでつけられた施設名。
また、甲和焼きとは、私の父でもある甲和焼きの林 信弘が古くから焼き物には適さないとされていた東京の土を使って長年の研究の末に完成させた際に自ら命名したものです。
生まれ育った土地の土で作ることを目指していた若き日の父が、その思いが研究の末に実った際、あえて東京ではなく小岩の名称から由来を得てつけたことに深い想いが込められていることを、私自身陶芸をはじめて10年が経つ最近はその当時の父の気持ちをなんとなくわかるようになってきました。

そんな我が家の屋号でもある甲和焼きと、区の施設の甲和亭が今回コラボレーションした展示です。
地元に密着した展示ができることを感謝しています。

また、父娘の作品がこのようにともに並べられて展示されること、実ははじめてなんです。
私自身陶芸を本格的に初めて今年で10年になりました。そんな今だからこそ、尚のこと感慨深いものです。

*********************************************************************
近年なかなかお目にかかる機会がなくなってきた、立派な段飾りのお雛様もすばらしく
障子越しにやさしく入ってくる光が、なんとも心穏やかにしてくれる素晴らしい施設です。

区の施設なので入館料は無料です。
また、区の公共施設ですが、区外の方もご入館いただけますので、ぜひこの機会にご高覧くださいませ。

*********************************************************************

「甲和焼作品展」
 
 会期:2015年2月17日(火)〜3月3日(火) 9:00〜16:00
 会場:甲和亭 茶室
    http://edogawa-kankyozaidan.jp/park/kouen/22/
    東京都江戸川区北小岩6-43-1 (小岩公園内)



---------------------------------------------------------------------------------------------
今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー

| 個展・グループ展など | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nicorico.com/trackback/1397674
トラックバック
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS