top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

<< 9月のnicorico陶芸教室について(中旬までお休みのお知らせ) | main | 第32回江戸川伝統工芸展 (会場の様子) >>
第32回江戸川伝統工芸展 (設営〜表彰式〜懇親会)
JUGEMテーマ:アート・デザイン

江戸川区在住・在勤の伝統工芸者で構成される、江戸川区伝統工芸会

毎年9月に、年に一度の展覧会、江戸川区伝統工芸展が開催され
今年は32回目の開催となりました。

Facebookでは会場の様子などをお伝えしていましたが
展覧会前日の9/9に一日かけて行われた、会場の設営の様子から、作品審査、表彰式、懇親会の様子など
普段はご覧いただけない一日の様子をちょびっとご紹介します。

伝統工芸というと、ちょっとお堅いイメージを持たれることも多いジャンルではありますが
きちっとした作品を制作する工芸者ってどんな人たちなの??と思われる方にも、そうでない方にも
「江戸川区伝統工芸会ってこんな人たちなんだ〜〜」と知って居頂けると嬉しいです。

まず、朝9時から午後にかけて、30〜90代までの会員総出での搬入・設営の様子。
脚立に上ったり、テーブル運んだりの作業なので、みんなラフな格好です。

あっちがいいよ、こっちがいいよ、
ね〜〜ね〜〜、高さはどうですか??
とか、手慣れた様子で、てきぱきと作業がすすみます。



昨年から今年に掛けて、30〜40代の若手会員が一気に6名増えたので
力仕事や高所作業は、若手が率先して動いています。

普段、切子や風鈴、金工など繊細な作品を生み出す男性若手会員も、
この日は脚立で高所作業でした!



設営作業がお昼過ぎに終わると、
昼食を取ってからは審査会。

会員・審査委員の先生方がそれぞれの持ち点で、審査します。



普段審査される側に立つことはあっても、審査する立場になるのは初めてでしたので
持ち点の3を、どの3作品に投票しようか、会場を歩き回りそれぞれの作品を拝見し、悩みに悩んで投票しました。

審査会が終わると、ほとんどの会員は一旦帰宅して着替えて会場に戻り
江戸川区長のご来場を待ちます。

審査会が終わると、会場は和やかに。
作品についての話や、世間話など、大勢が会場に揃い賑やかです。



おまけ

ちょっと仲間うちで流行っている<撮ってるを撮る>の一コマ。
表装の笹谷さんが作品前に立ち、金工の後藤さんが撮影している風景を、こっそり隠し撮り(笑)




そして、いよいよ江戸川区長のご来場です。
笑顔で会場にお入りになった区長に作品のご案内をして、作品について材料や技法についてなどのお話をさせていただきます。
今年は時間の関係ですべての作品のお話しはできませんでしたが、限られた時間の中でも丁寧に作品をご覧いただきました。





そして、メインセレモニー、
区長賞・教育委員会賞・技能賞の授賞式です。

今回の区長賞は、江戸風鈴の篠原公孝さん、風鈴に螺鈿細工を融合させた作品でお見事でした。





緊張感をもって執り行ったセレモニーの後は、
お疲れさま!!!の会。

区長・教育長・審査委員の先生方に今回の作品についてのご講評をいただき、乾杯の挨拶。
この写真では、みんな真面目な顔をしていますが、お酒が進むにつれ賑やかな席となっりました。



最初は真面目に撮影しようと思ってい、
コースで出てきたお料理も前菜はこうして撮影したのに、ワイワイ楽しい席で気が付けばカメラは放置。

あちこちに席を移り、おしゃべりに花を咲かせてあっという間の時間でした。



  ---------------------------------------------------------------------------------------------
今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー

| 江戸川区伝統工芸会 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nicorico.com/trackback/1397709
トラックバック
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS