top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

陶芸教室inアートコンプレックスセンター
昨日はアートコンプレックスセンターでの陶芸教室指導の日でした。

朝から降っていた小雨が夕方には止み、ほっと安心。
夕方からは、道具や資料の入った荷物をガラガラ引きながらアートコンプレックスセンターへ行ってきました。

今回は、先月絵付け体験教室に初めて参加だったOさんが陶芸教室に初参戦!
そして、陶芸教室初体験のMさんご夫妻の計3名さまへのレッスンでした。

3時間のレッスンで、3名の生徒さんにゆっくりアドバイスをしながら
時々雑談を交えておしゃべりしたりと、のんびりとした教室になりました。


前回の絵付け教室で、器用に点描画で中皿への絵付けに挑戦されていたOさんは、さすが!!手先が器用!
最初はおっかなびっくり土に触っていた初めての電動ろくろでの作業も、2つ目の茶碗を作り始めたあたりからは力加減もお上手になっていました☆

ゆっくり丁寧に土を触りながらも、こちらのアドバイス通りに手先を動かして、そば猪口・ごはん茶碗・手塩皿の3つを制作させました。

きっとまたいらっしゃるときには、最初から上手に土に触れることができそうな感じにみえましたよ。
今後の上達が楽しみですね!

Oさんの作品は、手に持っても形が崩れない程度になるまで数日乾燥させた後に、高台部分の削りをして仕上げます。
写真は、そのあとにしっかり撮影してUPしますね。


続いて、手びねり制作で挑戦されたMさんご夫妻。
奥様は、初めての陶芸とのことで初心者向けの板作りで葉型皿を、
そしてご主人は、子供の頃に陶芸体験済みとの事で、紐作りで植木鉢と受け皿に挑戦。
ご夫妻で技術系のお仕事をされているご夫妻ですが、ご主人はしっかり作品のプランを立てていらっしゃいました。

悪戦苦闘しながらも、とってもお二人とも上手にそれぞれの作品を夢中で制作していらっしゃいました。

20081108教室1

20081108教室2

驚いたことに、紐作りの際に皆さん苦戦する紐を作る作業ですが、ご主人は相当手先が器用なようで、こちらがアドバイスするまもなくあっという間に紐作りをマスターされ、ひとつひとつの作業をとっても丁寧にステキな植木鉢と受け皿を完成させていました!

20081108教室3

こちらの陶芸教室では、一応初心者の方にも安心して陶芸を楽しんでいただけるようにカリキュラムを組んでいますが、もちろん今回の方のように何か作りたい物がありましたら、ご遠慮なくおっしゃってくださいね。

しっかりサポートさせていただきます!!

来月は12/6(土)と12/13(土)です。
アートコンプレックスセンターでお待ちしています☆



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陶芸教室inアートコンプレックスセンター
先週のOPENから早いものでもう1週間。
今日は第2回目となる、ACTでの陶芸教室でした。

今日は、絵付け教室第1号の生徒さんがいらっしゃいました。
nicoricoの制作した素焼きの器からお好みの器を選んでいただき、絵付けを施していただく「絵付け教室」ですが、今日の方は中くらいの取皿を2枚お選びになりました。

そして、小さなドットで可愛らしい模様を丁寧に、丁寧に描いていらっしゃいました。

みなさん、手びねり制作も、電動ロクロも、絵付けも作業中はかなり集中しているので、し〜〜〜んと静まりかえっていますが、たまに皆さんで雑談をしながらアットホームな雰囲気で最後まで楽しく過ごしていただけたようです。

10/11陶芸教室
皆さんが集中してる間に、こっそり1枚パチリとしてみました☆


前回は初回だった事もあり、私自身も緊張していたせいか、終始静かな教室でしたが、今回は前回と比較してだいぶ良い雰囲気が作れるようになってきたのかな??と思いました。

徐々にですが、nicoricoらしい雰囲気作りをして、お越しいただいた皆さんにもっともっと喜んでいただけるような教室作りをしていきたいと思います!!



にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陶芸教室inアートコンプレックスセンター
今日から、新しく陶芸教室がOPENしました!
初日となった今日は、ドキドキしながら電車に乗り込み、
ソワソワしながら急いで生徒さんが来る前に準備を。

・・・と、計画通りにスムーズにはいかず、段取りはイマイチでしたが・・・
参加された生徒さんは、初めてながらも陶芸を楽しんでいっていただけたようでした。

予め組んでおいたカリキュラム通り、初日の今日はタタラ(板作り)で木の葉型や丸型のシンプルなお皿を制作しました。

教室で、生徒さんに教えるのって、毎回新しい発見があります。
自分では毎日当たり前にしている作業で、もう体が覚えてしまっている為、頭で考えて手を動かすというよりも、むしろ、ある程度考えると手が勝手に動いて作業を進めるといった具合です。


ある生徒さんが
「陶芸って本当に<手>作りなんですね。」としみじみおっしゃっていらしたのが今日はとても印象的でした。

きっと他の方が電動ロクロで制作している風景を見て、ふと感じて発した一言なのだと思うのですが、その感覚を感じていただけるのって私はとっても嬉しいのです。

自分の<手>を道具の一つとして、作品を作りあげる陶芸。
人それぞれ手の形が違う分作品にもそれぞれの個性が生まれます。同じように作ろうと思っても全く同じものは一つとして作ることが出来ません。
その楽しさを感じてもらえると、陶芸をより楽しんでいただける気がするのです。

直感的に、そのように感じていただけた方と、陶芸教室初日に出会えたことをとっても幸せに感じた1日でした。

教室での生徒さんの作業風景、写真を撮ろうと思いつつすっかり忘れてしまいました・・・。
来週は、ちゃんと写真を撮って、教室風景をお伝えできればと思います!

来週の10/11(土)も定員に若干の余裕があります。
ぜひ、<手>を動かして、今まで感じたことの無い土の感触を実感したい方はぜひぜひ体験しにいらしてください!!


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ACT陶芸教室準備・最終段階
いよいよ、陶芸教室の開講まで1週間を切り、準備作業も最終段階です。

先日素焼きをした器を午後一番で窯出しし、
絵付け教室用の素焼き器を割れないように注意しながらダンボールに詰め込み、アートコンプレックスセンターへいって来ました。

ACT教室20080929-1

絵付け用の器は、今のところ、白土の物のみとなります。
ゆのみ茶碗や、ごはん茶碗、小鉢や中鉢など・・・
多数取り揃えております。
順次、バリエーションも増やしていきたいと思います。

先週の日曜日に、乾燥具合のテスト用に置いたままにしてきた
ろくろ成形後の器ちゃんたちはというと・・・。
保管方法3の
・ロクロ成形後、30〜45分室内に放置したのち、ビニール袋に入れてケースに保管
が、1週間経って削り作業に調度良い硬さになっていました。

でも、季節によって空調で、乾燥の具合も多少変わると思うので、注意が必要ですね。


他にも色々道具を追加で持っていったり、棚を整理してみたり・・・。
ACT教室20080929-2

前回よりも、また一段と陶芸教室さが出てきた棚。
教室が始まったら、棚の上段には生徒さんの作った作品を乾燥させる巣尾エースとして使う予定です。

で、陶芸教室。
まだ、定員にも空きがございます。
単発受講も可能ですので、興味がありましたらぜひぜひコチラのHPから詳細をご覧下さい。

ちなみに、陶芸教室の設備は、電動ろくろが1台なので、生徒さんには手びねり制作の合い間に、交代で電動ろくろを使用してもらうことになります。
なので、定員以下の人数の回に参加の場合は、電動ろくろの占有時間が長くなりますので、ちょっとお得かもしれません!


帰宅後、鼻がグズグズ、くしゃみ連発。急な悪寒。
恐る恐る、体温計で測ってみると・・・。
36.8℃ 微熱です。

風邪薬飲んで、来週の陶芸教室開講に備え、用心しないと!!

そんなnicoricoですが、
今日もポチっと応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりにアートコンプレックスセンターへ
今日は、昨日のお天気が嘘のように、秋の長雨の如くシトシトと雨降りの1日でした。

午前中は、昨日Cちゃん&Kちゃんが陶芸体験教室で作ってくれた器ちゃんたちの高台削り作業をしに工房へ。

こんな感じに仕上がりました。
このあと、乾燥させてから素焼きをし、釉薬を掛けて本焼きをして完成になります。

陶芸体験20080920-3

完成まで、しばらく待っててね☆


そして、ちょっと遅めの昼食をしに自宅に帰り、再来週の土曜日に開講が迫った陶芸教室の準備をしに、久しぶりに(といっても10日ぶり)アートコンプレックスセンターへ。

15:30〜約3時間程度、ろくろ作業をしたり、乾燥中作品の保管用に準備した棚を改造したり、棚の整理をしたり、道具のチェックをしたり・・・。

ACT教室 道具棚

全開スカスカだった棚にも、色々な道具が揃ってきたら、なんだか様になってきたような気がします。

道具や設備の準備はほぼ整っているのですが、一番心配なのは管理面。
ロクロ成形後の作品を、削りが出来る程よい硬さになるまでどのように保管するかがまだ検討課題として残っています。

普段自分の作品を作る場合には、ちょこちょこ硬さをチェックしながら程よい硬さになった頃合いを見計らって削りの作業に取り掛かります。
この硬さの管理は、保管してある部屋(空間)の温度・湿度・風量にかなり影響されるので、注意が必要です。

しかし!!
陶芸教室の会場となるアートコンプレックスセンターは自宅から約1時間。
ちょこちょこ硬さのチェックをすることが出来ないので、なんとか良い方法は無いかと様々な方法で試しています。

前回は敢え無く失敗したので、今回は慎重に。
1週間でどのくらい硬くなるかのテストをするために、

1.ろくろ成形直後、ビニール袋にいれ、ケースに保管
2.   〃   、直接ケースに保管
3.ロクロ成形後、30〜45分室内に放置したのち、ビニール袋に入れてケースに保管

の3パターンの保管方法を試験中です。
1週間後、それそれの硬さの状態を確認しに再度アートコンプレックスセンターに行って、最終調整です。

まだまだ色見本用のテストピース焼成などなど、やらなきゃいけないことは沢山ですが、どうにか10/4の開講には無事に準備万端で挑めそうです!!


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陶芸教室のご案内ができました
いよいよ来月、10月の4日〜開講を迎える陶芸教室。

アートコンプレックスセンターさんのHPや、チラシにも詳細を掲載しているのですが、その更に詳細について内容を充実させたチラシを私独自につくってみました。

陶芸教室案内

nicorico HPに、全ページを掲載していますので、そちらをごらんくださいね〜〜。

今日も、せっせと陶芸教室の絵付け教室用に器たちを制作中。
今回は我が家でもカナリ重宝している、お取皿にちょうど良いちょっと深さのあるお皿。
直径は14cm程度になる予定。

絵付け用の器たち

この器に、いったいどんな模様が描きこまれるのでしょう・・・。
想像するとワクワクします。


では、陶芸教室が気になる方はコチラをご覧下さいね。

nicorico HP 陶芸教室のご案内ページ


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

| ACT陶芸教室 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
乾燥中
来月から始まる陶芸教室で、同時に絵付け教室も行う事になっているのですが、その絵付け用の器をせっせせっせと作っています。

絵付け教室では下絵付けを体験していただく事となるため、素焼きの器をご用意します。
ご用意する素焼きの器に、お好きな模様や絵を描いていただき、透明な釉薬を掛けてから本焼きして、完成となります。

普段自分の作品を作るときには、素焼きでヒビも歪みも無いものでも、本焼焼成時にはヒビや歪みが発生してしまう事があるので、予定する数よりも2割程多めに制作しています。

素焼きは約650度で焼成し、本焼きは1240〜1250度で焼成します。
使用する粘土の成分によるのですが、赤土のような鉄分の含有が多い土は耐火度が低いために薄く作りすぎたり、マグカップの様な取っ手をつけたりすると高温での本焼き焼成時に歪みやすくなります。
また、ろくろ挽き時に底部分の締めが甘いと、S字に亀裂が入る底切れを起こしてしまったりするのです。

主にこのよう症状は、低温で焼成する素焼き時よりも、高温で焼成する本焼時に出る場合が多いのですが、絵付け教室で用意するものは素焼きの器。
生徒さんが絵付けしたものを本焼き時に歪みや底切れを発生させてしまっては大変です・・・。

その為、自分の作品を作るときよりも、かなり慎重に全体の厚さはもちろん
、底部分(高台)の削り作業にも最新の注意をしながらの作業になっています。

ここ数日間、湿度が低くカラっとしたお天気が続いている為、乾燥がみるみる進みます!

乾燥中1

乾燥中2


絵付け教室では、nicorico定番のnaminami cupも絵付け体験でご利用いただけます!
naminami cupファンの方には必見!!
是非お越しくださいね〜。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

| ACT陶芸教室 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【陶芸教室】生徒さんを募集中です!
いよいよあと1ヶ月に迫った、陶芸教室の開校。

自由な発想で作る手ロクロや、本格的な電動ロクロを使用した作陶はもちろん、絵付け用の素焼き器をご準備していますので、nicoricoの普段使いの器にご自身で絵付けを体験していただけます!

そして、先週からアートコンプレックスセンターさんのHPで、生徒さんの募集がはじまりました。

陶芸教室・絵付け体験教室ともに、各5名様を定員としていますので
少人数でのレッスンをお楽しみいただけます。

陶芸教室制作例
こんな雰囲気の作品をおつくりいただける予定です。


陶芸教室

年内スケジュール
10/4(sat)・10/11(sat)
11/1(sat)・11/8(sat)
12/6(sat)・12/13(sat)

時間:16:30〜19:30
場所:Art Complex Center of Tokyo
   (JR信濃町/東京メトロ四ツ谷三丁目駅より徒歩7分)

参加費:¥3,000/1回
   (粘土代・焼成料・絵付け用素焼き器代 別途)

--------------------------------------------------------

別途代金の目安

□粘土代 ¥350/1kg当り(白土・赤土共)

《粘土代のおおよその目安》
1kgの粘土使用で、電動ロクロで制作した場合には、ゆのみ茶碗程度を3個
1kgの粘土使用で、手びねりで制作した場合には、ゆのみ茶碗程度を2個

□焼成料 ¥3/1g当り(素焼き・釉薬代・本焼き焼成料)  

下絵付けを希望の場合には¥4/1g当り(素焼き・下絵の具・釉薬代・本焼き焼成料)

《焼成料のおおよその目安》
ゆのみ茶碗・カップなど小さめのもの  ¥800〜¥1200程度
ごはん茶碗など中くらいのもの     ¥1000〜¥1500程度
皿・鉢など大きめのもの        ¥1500〜¥2000程度

□絵付け用素焼き器代(釉薬代・本焼き焼成料込み)
ゆのみ茶碗  [小¥800〜   中¥1,000〜  大¥1,300〜] 
ごはん茶碗   [小¥1,300〜  大¥1,500〜]
naminami cup [¥1,500〜]
皿・鉢      [小¥800〜   中¥1,300〜  大¥1800〜]
----------------------------------------------------------------
<詳細・お申し込みは>
Art Complex Center of TokyoのHP、ワークショップページよりお願いいたします。



また、お申し込み前にご不明な点・ご質問はコチラからお問合せくださいませ。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陶芸教室準備編 3
昨日ロクロ挽きしておいた、陶芸教室用サンプル器の削り作業に行ってきました。

丸1日、そのままで(ビニール養生無し)放置してきたのですが、削るにはちょっと柔らかすぎるくらい。
思ったよりも、部屋自体は乾燥していないようです。
エアコンが掛かっていると、あっという間に乾燥が進んでしまうのですが、逆にちょっと安心しました。

2つは、乾燥除けのビニール蓋付きの保管棚にそのまま収納し、残りを削ってきました。

そのままでは使えないくらい柔らかかったメーカーさんから届いた粘土も、1日置いておいたら程よい堅さになり、これでOKです。

粘土、18kgを菊練りして小分けに・・・。
これだけの量の土練りは、さすがに重労働なので一気に汗が噴出してきます。

教室スペースを他のワークショップで使用するとの事でしたので、作業可能時間はたった2時間でしたが、何とか今日のノルマだった18kgの土練りと20個の器の削りを無事終了し、電気窯の空焚きのスイッチを入れ、家路についたのでした。

そんなこんなでバタバタだったので、前回よりもちょこっと道具や材料が入って陶芸教室らしくなったスペースの写真を撮り忘れて帰ってきちゃいました・・・。

うっかり。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
| ACT陶芸教室 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陶芸教室準備編 2
ここ数日、夏が終わってしまったのでは無いかと思ってしまうような涼しい日が続いていますね。

連日の猛暑には、うんざりしていたのですが
いざ、暑さが遠のいてしまうとなんだかもう夏が終わってしまうんじゃ無いかと、ちょっと寂しい気分になります。

夏休みももう少しなのに、今月中はしばらくぐずついたお天気が続きそうですね・・・。


さて、今日は、先週陶芸教室のセッティングをしてきたアートコンプレックスセンターに、釉薬色見本用の、小さなゆのみ茶碗をつくりに行って来ました。

普段とは違う環境と、初めて使うアメリカ製の電動ロクロ、そしていつもと違う粘土。
ロクロの使い勝手に慣れて、いつもの調子で制作が出来るようになるまで、少々時間が掛かってしまいましたが、時間内になんとか自分で設定していたノルマを完了。

10月から開校予定の陶芸教室で使用する、信楽の白土と赤土の2種類でそれぞれ10個づつロクロを挽いてみました。

陶芸教室用サンプル

明日も、引き続き高台削り作業をしに行ってきます!!

陶芸教室の募集も始まり、ちゃくちゃくと準備が進んでまいりました。
陶芸教室の詳細についてはアートコンプレックスセンターのHP内ワークショップのページをご覧下さい。
お申し込みのコチラのHPからお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

| ACT陶芸教室 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS