top画像

東京の東のはじっこ江戸川区小岩の工房で作陶する、陶芸作家nicorico林 理子の日々の作陶の様子
展示会やイベント、ワークショップのお知らせを中心に、ちょっとした発見や日常の他愛ない出来事をつづります。

今後のイベント・展示会
◆ 11/7(木)〜21(木)林理子・深澤ユリコ二人展「冬のおくりもの〜陶・絵・雑貨〜」@Pots of(北海道/札幌)
◆11/8(金)〜10(日)江戸川区の伝統工芸イベント「伝統工芸をたのしむ3日間」@タワーホール船堀(東京江戸川/船堀)

工房リフォームの道-6
先日棚を付けた、新しく拡張される店部分。

元々店の正面奥に、壺などの大きな作品を並べて居た棚がありましたが、それを取り壊して広くしたので、一時階段に仮置きしていた壺たち。

新しい棚に仮に並べてみました。



改めて見てみると、すごい迫力!


柴又街道側には、今の出入り口から真っ直ぐに抜けられるように新しく扉を付けます。

扉の横の袖壁部分には、縦長にガラスを嵌めてみました。
この横に木製の扉が新しくつきます!



拡張した側から、元々の店側をみるとこんな感じ。

倍の広さになり、縦長なギャラリーみたいになりました。


--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 工房リフォームの道 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
工房リフォームの道-5
ついこの間まで台所だった部屋。

先日ペンキ塗りをした、新しく店に拡張する部分に、棚がつきました。



棚板は、食器棚だった無垢板を再利用。
ステインを塗り直ししなければ!

今まで、壺やランプシェードなどの大きな作品を並べていた、店の正面の壁を抜いて、台所だった部屋とつながりました。

店側からみるとこんな。



台所側からみると



写真手前の、台所側には私のろくろ場も出来る予定。

--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 工房リフォームの道 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
工房リフォームの道-4
引き続き、床を張る。



2×4の材を使い、かなり頑丈に根太を渡してるので、飛び跳ねても大丈夫!



あ、作業中の父さん、見切れてます…

今の工房の入口は、柴又街道から斜めに入った裏道に面してるのですが、拡張したら柴又街道側からも出入りできるようになります!

元々は東向きの台所だった部屋。
流し台やガス台があった、この壁をぶち抜いて扉をつける予定。




--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 工房リフォームの道 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
工房リフォームの道-3
床板を剥がし、根太を外して…
さて、次は大引だ。



一部分だけ床のレベルを下げるには、大引、束、束石をその部分だけ外して、新しい床のレベルに合わせて新しくそれらを設置し直さなきゃならない…。
かなり大掛かりな感じですが、意外と単純な作業。



新しく束を立て補強してから、大引をギコギコ。



ノコギリ刺さってます…



えいやっ!!と。さらば、大引!

で、床を下げる位置に新しく大引と根太を設置して、床を張ります。



今日はここまで…

さも私がやってるような書き方ですが、ほぼ我が家の大工さん(父)がやってます。

私は、横で手助けしながら、あーだこーだ言うだけ。

一応、こうみえて前職は建築ですから…普段は、父が師匠で陶芸やってますが、建築の事になると少しだけ口出しが出来ます。

本当に本当にほんのちょっとだけですが…何しろ、日曜大工歴40年以上の父ですから。
かないません…

--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 工房リフォームの道 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
工房リフォームの道-2
新たに工房、店として拡張する部分の床板を剥がしてみた。



なんどかフローリングの張り替えはしているから、根太は比較的綺麗。



正確な築年数はわからないけど、多分軽く50年は過ぎてるはず。
束石は大谷石。土台のはなんだろう?

床板を剥がした部分は、床のレベルを下げて、既存の店部分と繋げる予定。



余談。
表通りに面したところには、これまた樹齢何年かわからないケヤキの大木があるのだけど、毎年落ち葉が柴又街道の車道、歩道を埋め、その掃除も一苦労でした。
年老いた叔母の負担を軽くしようと、一昨年、植木屋さんにバッサリ枝を落としてもらったのですが、それ以来、元気がなくなり樹皮が剥けてしまいました。



小さい頃、登ったケヤキ。
あのころ祖母から聞いた話だと、第二次大戦の時に、戦車を通す為にうちの敷地(曽祖父の家)を縦断する道路が作られたらしい。それが今工房前を通る柴又街道。
その時、母屋と離れと洋館を、分断された向かいの敷地に移築して。
当時庭だったこっちには、別の家を建てたらしい。
あの頃既に、まだ小さかったけどケヤキはあったと聞いたのを記憶している。
と、なると軽く樹齢65年は過ぎてるって事になるね。

私の父、その兄弟姉妹、そして私や弟や従兄弟たちの成長をずっと見守ってくれていたこのケヤキの樹。

落ち葉を燃やした灰は釉薬にもなった。大きな葉っぱは木の葉天目にもなった。

まだ完全に枯れてないし腐ってもいないから、ある日、葉っぱをつけるかもしれない。

--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 工房リフォームの道 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
工房リフォームの道-1
自宅の作業場を、すべて工房に移動させるために、まずは工房の拡張工事!



釉掛け作業場の壁を抜いたり…

先月から、工房奥の祖父母が使っていた住居ぶぶんの台所を別の部屋に移動させて、台所を作業場と店に拡張すべく、日曜大工の得意な父が仕事の合間をみてはトントン…トントン。

丸ノコ使いが苦手な私は、たいした手伝いは出来ないけど…
ペンキ塗りをせっせと。



長年食器棚が置かれていた壁は、クロスが変色。

これをペンキ塗り塗り。


まだまだ、父の頭の中だけにあるイメージの全貌はみえてこないけど、来月に入ったらガラリと雰囲気変わるはず。



ローラやら刷毛より、これだとムラ無く簡単に綺麗に塗れます。



でも、1番得意なのはコーキング打ち。

--------------------------------------------------
ではでは今日も、応援お願いします!!1日1クリックのみ有効です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

〜nicoricoの作品のご購入や陶芸教室の詳細・お申し込みはホームページをご覧下さい〜
nicoricoバナー
| 工房リフォームの道 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
急須ボタンCALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カップボタンnicoricoのホームページ
色とりどりの普段使いの器を中心に作陶しています。
nicoricoバナー

急須ボタン甲和焼芝窯・nicorico工房よりお知らせ
甲和焼芝窯+nicorico
工房・ショップ

〒133-0051
東京都江戸川区南小岩8-20-10
カーサ・セラミカ1階 03-3657-5015

工房のアクセスについて詳細はコチラ

カップボタンFacebookページつくりました!
普段使いの器nicorico
ブログよりもいち早く情報をお届け&ちょっとしたひとことなどなど。
応援もよろしくお願いします!
急須ボタン

カップボタンSELECTED ENTRIES
急須ボタンCATEGORIES
カップボタンARCHIVES
急須ボタンRECENT COMMENT
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    nicoricco 林 理子 (02/19)
  • TOKYO×UTSUWA COLLECTION@伊勢丹新宿 無事終了いたしました!
    あや (02/19)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    nicorico (05/01)
  • 4/22(火)〜28(月)「nicorico林 理子作陶展 春色の器たち」はじまりました!
    haruyoshi (04/23)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    nicorico (05/30)
  • テレビ東京のドラGO!(DRIVE A GO GO)でnaminami cupが紹介されました。
    g'sgallery (05/30)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/19)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/13)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    nicorico (04/12)
  • 4月の教室スケジュール、もう少々お待ちくださいませ
    おてんば娘 (04/09)
RECOMMEND
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック)
やまとなでしこ お茶はじめ (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

監修茂木雅世さんお勧め茶器として、表紙のお急須と本中3種類のお急須・ゆのみをお使いいただいています。
RECOMMEND
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌]
デザインの現場 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

nicoricoの陶芸教室をご紹介いただきました
カップボタンモバイル
qrcode
急須ボタンLINKS